岐阜のくり

岐阜、東濃地域を中心に生産される岐阜県のくりは全国でも上位の生産量を誇ります。
また、大粒で味の良い「利平ぐり」は岐阜県(山県市)が発祥の地です。
旬の栗を使って、茶きんで絞つて作る「栗きんとん」は、ほのかな甘さとほっくりした舌ざわり、上品な味で人気があり、岐阜の銘菓となっています。
また、近年、筒単に渋皮がむける栗の新品種「ぽろたん」の導入が進められています。

その他の農畜産物