山県市の農業

山県市は、平成15年4月1日に、高富町、伊自良村、美山町の3町村が合併して誕生しました。
本市は、岐阜市の北側に隣接する位置にあり、JR岐阜駅から約9~34キロメートルの範囲に広がっています。
地勢は山地丘陵部が多く、北端の日永岳(1,216メートル)を最高峰として枝状の山地と、長良川支流の武儀川、鳥羽川、伊自良川沿いの平たん地で構成されています。
地目別では農用地約6%、森林約84%、宅地約3%、道路約2%となっています。本市の道路状況は、南北方向が岐阜市と本市をつなぐ国道256号および主要地方道岐阜美山線、東西方向は本市と関市および本巣市をつなぐ国道418号や主要地方道関本巣線が縦横に通り、広域連絡や地域内連絡のための重要な幹線道路となっています。

面積
221.98㎡
人口
27,425人
世帯数
10,860世帯
農家数
1,225戸
総産出額
34億円

支援策

就農支援策

山県市担い手確保経営強化支援事業
(機械・施設等の導入経費の一部を補助)

移住支援策

ぎふ山県市田舎暮らし空家活用支援事業
(山県市北部対象地区に所在する空家の取得や賃貸、修繕を行い移住・定住する人に対してその経費の一部を補助)

お問い合わせ