垂井町の農業

垂井町は、緑豊かな山々が町域の6割を占め、まちの中央部に、春、桜の中にたくさんの鯉のぼりが舞う揖斐川水系の相川が流れる、自然豊かなまちです。
古くは、国府がおかれ、美濃国一の宮である南宮大社が鎮座されるなど、美濃国の中心的位置にありました。
また、若き日の豊臣秀吉の軍師として活躍した竹中半兵衛重治公とその一族の陣屋跡が残り、中山道と美濃路の分岐点、追分の宿場町として栄えた垂井宿を偲ぶことができるなど歴史文化あふれるまちです。

面積
57.09㎢
人口
27,879人
世帯数
9,374世帯
農家数
754戸
総産出額
78千万円

支援策

移住支援策

移住定住促進住宅リフォーム事業
住宅のリフォーム費用を支援

お問い合わせ