白川村の農業

白川郷は1995年ユネスコの世界遺産に登録され、現在も人々が住み続ける生きた遺産です。
また霊峰白山の麓を源泉とする平瀬温泉やブナの原生林で有名な白山国立公園、白山白川郷ホワイトロードなど大自然の魅力にあふれています。
美しく厳しい風土の中、結に象徴される支え合い助け合ってきた暮らし、日本の心のふる里として、「この村で生まれ、この村で育み、あなたのもとへ」をキャッチフレーズに、農業振興と6次産業化に取り組んでいます。

面積
356.6km2
人口
1,635人
世帯数
591世帯
農家数
75戸

支援策

就農支援策

農業次世代人材投資資金事業
【準備型】岐阜県が認める農業大学校や先進農家・先進農業法人等で研修を受ける就農希望者に、最長2年間、年間150万円を交付
【経営開始型】新規就農される方に、農業を始めてから経営が安定するまで最長5年間、年間最大150万円を交付

緊急新産業創造支援事業
地域振興に資する特産品開発のための原材料等の購入に要する費用の2分の1を補助

移住支援策

白川村空き家再生活用事業補助金
空き家の賃貸、購入、改修に係る経費の一部を補助

白川村起業者支援事業補助金
地域資源を活用した製造・販売・地域の利便性や生活環境向上のための起業等を支援

白川村民間賃貸住宅居住助成金
村が指定する民間賃貸住宅に新たに居住する者に対し賃貸料の一部を助成

お問い合わせ