美濃加茂市の農業

美濃加茂市は岐阜県の中南部、木曽川と飛騨川の合流地点に位置しており、古くは中山道の宿場町として栄え、国の重要文化財として旧太田脇本陣が残されています。現在もJR高山線、太多線と長良川鉄道が乗り入れ、主要幹線が市内を縦断するなど、交通の要衝として発展しています。このような恵まれた立地により、優良企業が進出しており、工業や商業も発展してきました。農業については、比較的温暖な気候と変化に富んだ地形を活用して、水稲、施設園芸、果樹等の生産が盛んで、特に岐阜県でも最大級の果樹の産地となっています。

面積
74.81㎢
人口
56,803人
世帯数
22,370世帯
農家数
1,565戸
総産出額
18.8億円

支援策

就農支援策

元気な農業産地構造改革支援事業
新規就農者が利用する機械・施設の整備費用を対象に、県助成額に上乗せして1/10を助成

移住支援策

移住定住促進事業
空き家バンク登録制度を活用して市内への移住定住を促進

お問い合わせ