ぎふでいちごづくりを始めませんか? ~令和3年度研修生募集~

JA全農岐阜いちご新規就農者研究所

JA全農岐阜の「いちご新規就農者研修事業」は、新たにいちご生産者になることを志す方が14ヵ月の研修を受講することで、将来にわたって農業経営をしていくために必要なスキルを身につけることができるプログラムです。この研修を修了後、これまでに45名ものいちご生産者が誕生しました。

 


 

【募集内容】

〇募集定員

・5名以内(書類審査・面接により決定)

〇募集期間

・令和2年7月1日(水)~令和2年9月18日(金) ※必着

〇応募資格

・満18歳以上の方

・いちご生産者として就農する意思のある方

・研修終了後は岐阜県内で就農できる方

〇研修作目及び研修場所

・冬春いちご(高設ベンチにて岐阜県が推奨する品種「濃姫」「美濃娘」を栽培)

・JA全農岐阜いちご新規就農者研修施設(岐阜市曽我屋4丁目177番地)

〇応募方法

・「いちご新規就農者研修事業令和3年度研修受講申込書」及び「履歴書」に必要事項を記載して応募先に提出して下さい(郵送可)。 ※申込書は、JA全農岐阜のホームページまたは下記のお問合せ先、県農林事務所、県内JAなどで入手できます。遠方の方はお問合せ下さい。

〇応募先

JA全農岐阜 営農対策課

〒500-8367 岐阜市宇佐南4-13-1 TEL:058-276-5301

〇説明会開催予定日及び場所

令和2年8月2日(日) 9:00~

JA全農岐阜いちご新規就農者研修施設

 


 

【研修内容】

〇研修期間

・令和3年4月1日~令和4年5月末日

①体験研修・・・2ヶ月(先輩研修生から圃場管理を引き継ぎます。実践研修に向けた準備と適性を確認します)

②実践研修・・・12ヶ月(いちご栽培一作10a分を1人で担当し、栽培技術を習得します。並行して就農のための手続き、準備を支援します)

〇研修内容

・冬春いちごの生産及び経営に関する技術と知識の習得、合わせて就農に際して必要な土地の確保、施設の設計等、将来にわたって経営するための準備を行うとともに県内いちご産地、生産者との交流や視察等も実施します。

〇研修期間の諸条件

・研修受講料は無料とします。

・研修に必要な費用は本会が負担します。ただし、個人生活に係わる費用及び研修施設までの交通費、研修時に着用する作業着などは全額研修者の負担とします。

・本事業における生産物販売代金は全農岐阜県本部に帰属します。

〇就農支援

・就農に向けては、JAグループ並びに県、市町、関係機関が協力して農地の確保、施設の取得及び資金調達等について指導、アドバイスを行います。

※留意事項

・いちご生産者として農業を始めるには様々な困難と課題があります。就農には一定の自己資金と農業に対する熱意、体力、気力が必要です。また就農する地域と協調して行ける資質と心構えが求められます。

 


 

【問合せ先】

〇JA全農岐阜営農対策課

〒500-8367 岐阜市宇佐南4-13-1 TEL:058-276-5301

〇岐阜県農政部

〒500-8570 岐阜市薮田南2-1-1

【農業経営課】TEL:058-272-8421(直通)

【農産園芸課】TEL:058-272-8436(直通)

〇ぎふアグリチャレンジ支援センター 担い手部就農支援課

〒500-8384 岐阜市薮田南5-14-12 岐阜県シンクタンク庁舎内 TEL:058-215-1550