岐阜のなす

岐阜県で栽培されるなすは大きく二つあります。
一つは「千両2号」、もう一つは「筑陽」という品種です。
千両2号は皮が厚く実が引き締まっているのが特徴で、形が崩れないということで形を残したい料理や漬物などにするとおすすめです。
筑陽は一般的に長なすと呼ばれるもので、千両2号に比べると皮も果肉も柔らかいのが特徴で、焼いたり煮込んだりして食べる料理におすすめです。

その他の農畜産物