農福連携とは、農業の担い手減少・高齢化、繁忙期の人手不足など農業サイドが抱える課題と、就労の場の確保、工賃向上など福祉サイドが抱える課題とを、農業・福祉の両サイドが連携し、農業分野での障がい者等の就労の場づくりを通して解決しようという取り組みです。
ぎふアグリチャレンジ支援センター農福連携推進室が、農福連携のワンストップ総合窓口として、障がい者の農業分野での就労拡大などを支援しています。



取り組みにはさまざまな形態があります

障がい者の種類(身体、知的、精神等)や程度によって、農業分野における適性は一人ひとり異なります。
主に次の3つの形態により障がい者の就労拡大を進めています。

事業紹介

一般社団法人岐阜県農畜産公社のホームページはこちら